黒にんにくの効能

黒にんにくで注目されている成分

黒にんにくで注目されている成分

 

黒にんにくには、生ニンニクにはない成分「S-アリルシステイン」が含まれています。このS-アリルシステインが抗酸化成分として注目されています。
では、抗酸化とはどういうことでしょうか?

 

抗酸化とは

体が錆びつくことを防ぐことを抗酸化と言います。人は酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学変化を起こし活性酸素というものを
発生させます。

 

活性酸素は、本来、体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っているとても良いものです。しかし、過剰に活性酸素が発生すると、問題がない体の組織まで攻撃の対象になってしまいます。この活性酸素が、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。

 

なぜ注目されるのか

本来人間は過剰な活性酸素を除去する抗酸化作用を体内に持っていますが、年齢とともに減ってきます。また、私たちの今のライフスタイルは活性酸素を発生しやすくなっています。ほとんどの加工食品には添加物が含まれて、野菜などは農薬による環境ホルモンも含まれています。ストレスもその一つです。

 

普通に過ごすだけでも活性酸素を過剰に発生させてしまい歳を取るに連れて、抗酸化力が劣ってくると、健康的に過ごすためには、過剰な活性酸素を除去する必要があると言えます。

 

生にんにくよりも高い抗酸化力を持つ黒にんにく

幸い抗酸化力があると言われる食品はいくつもあります。その中でもにんにくを熟成発酵させてできる黒にんにくに含まれる「S-アリルシステイン」が高い抗酸化力があると注目されているのです。この「S-アリルシステイン」は、生にんにくにはない成分で、にんにくを熟成発酵させることで生まれる成分です。にんにくの成分のアホエンに強力な抗酸化作用があるのですが、S-アリルシステインにはそのアホエンを大きく上回る抗酸化力があることが近年の研究によって明らかとなっています。

 

S-アリルシステインの効果

S-アリルシステインの効果は、抗酸化に加えて以下の効果があると言われています。

 

  1. 悪玉コレステロールを多く減らす
  2. 血液をサラサラにする
  3. 動脈硬化を予防し、血栓を防ぐ
  4. 老化が引き起こす脳の萎縮をおさえ、学習能力を高める

 

コラム

当サイトは、黒にんにくの効能をわかりやすく紹介して黒にんにくに興味を持って頂いている人に正しく黒にんにくを理解してもらうことを目指しています。また、黒にんにくを実際に食べてみようと思ったいる方には、大手ショッピングモール、健康食品系ランキングサイトなどから、販売数・人気度数・口コミ数を調査して独自にまとめて算出した総合力の平均値で順位を決定したランキングや産地別のおすすめ、サプリメントなどの形状・形態別のオススメ、黒にんにく+αの健康食品のオススメを紹介。高齢化社会においてはいつまでも元気な生活が不自由なくおくれるクオリティライフが求められます。クオリティライフを実現するその一つのキーワードが活性酸素。現代の私たちの生活は、添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなど、活性酸素を発生しやすいものになっています。過剰な活性酸素は、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っていますが、過剰になると何も問題がない組織を攻撃し、DNA(遺伝子)も傷つけらることになりガンを引き起こす可能性が増します。本来人間は過剰な活性酸素を除去すうる抗酸化作用を体内に持っていますが、年齢とともに減っていき、知らぬ内に40代、50代と体の酸化が進んでいるのです。黒にんにくに含まれるS-アリルシステインやポリフェノールが抗酸化成分として注目されています。特に生にんにくには含まれていないS-アリルシステインという成分が大注目されています。にんにくはもともとがん予防のための食品としても注目されていて、1990年、アメリカの国立がん研究所が、疫学的なデータをもとにがん予防に効果のある食品をピラミッドの表にまとめました。これらの食べ物は「デザイナーフーズ」と言われていますが、その頂点に位置するのがにんにくなのです。最近の研究では、“第六の栄養素”と呼ばれる「ファイトケミカル」が注目されています。細胞のがん化を誘発する活性酸素の攻撃から守る「抗酸化作用」、免疫細胞の活性化、がんの発生や増殖を防止する効果などがあるという。またアルツハイマーの予防にもつながるのではないか?などとも考えられ、その機能性に期待が寄せられています。ファイトケミカル は、大きく6つのタイプに分類されます。ポリフェノール、含硫化合物、カロテノイド、糖関連物質、アミノ酸関連物質、香気成分です。黒にんにくはファイトケミカルの成分をバランス良く摂取できる食品でもあります。「S-アリルシステイン」は、腫瘍発生予防剤、肝疾患治療剤、臓器繊維化抑制剤等の有効成分として有用。加齡に伴う精子機能(増殖能、運動能)を劇的に改善させるかも知れないと研究が始まっています。